スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2013年06月12日

Trijicon SRS

いつか高級光学機器が欲しい・・・とボンヤリ考えてましたが、
この機会を逃したら次は絶対にないだろうとコレを買ってみました。



(清水の舞台から飛び降りるというか、
少しずつためてた帰省旅費を使い込みましたけど・・・)


中身は昨年の夏ごろから販売が開始された新商品、
Trijicon SRS (Sealed Reflex Sight)01です。
国内正規代理店の品で、初回限定キルフラッシュ付。

電源は単三(アルカリ or リチウム)電池と
ソーラーパネルの2つのハイブリッド電源です。

ドットのON/OFFスイッチはありませんが、
一応、ドット照度調整の+/-ボタン同時押しで消すことができます。
ただし、ドットの点灯忘れ防止のために、常時点灯させたままが基本のようです。
(私は貧乏性なので電池を抜いた状態で置いておきたいですが)

ドットの照度は10段階(下3段はNVG用)となっており、
6段階にしておけば約3年ほど点灯しているとか。


(撮影時にドット照度をも少し高くして置けば良かったw)

対物レンズ38mm(有効口径28mm)の大口径レンズのおかげでサイティングは良好です。
個人的な体感ですが、Aimpoint/T-1やEOTech/ホロサイトより見やすいですね。
写真だとイマイチなのは私のせいですw

遊んでいて非常に気に入って満足しましたが、
現行のSRSには唯一の欠点があります。


対物レンズに正面の特定の角度から光源の光が差し込むと、
レンズ中央に光の滲みができてドットを潰す場合があるのです・・・。

な、なんじゃこりゃ~!?

上の写真の撮影では、フラッシュライトで故意にやっていますが、
太陽光はモチロン、状況によっては室内の蛍光灯の光などでも同じ現象が発生します。

Trijicon SRS: High-End Failure | The Bang Switch - Military Arms Channel Blog

海外のブログでも同じ言及がありますね。
当たり前ですが写真はコチラの方が分かりやすいです。

この困った現象はトリジコン社も把握済みのようで、
今後、改良されると思います。

現状でこの問題は、キルフラッシュを使うことで回避できます。


初回限定で付いていて良かったオマケのキルフラッシュ。
これが付いているからこそ、悩んだ末に購入を決めたんですけども。

私の経済事情では後からキルフラッシュを買うのツライ出費ですが、
レンズの光の反射を抑えたり、レンズ保護のために欲しい物でした。

レンズにBB弾が直撃して、傷やヒビ割れができたら、泡を噴いて死んでしまいます。


キルフラッシュを付けた状態。
写真ではレンズの外周が暗いですが、
実際にはストレスが溜まるような暗さではないです。
視界良好。

暗い室内でもキルフラッシュを付けたままで良いかなと、
今のところ考えています。


キルフラッシュをつけた状態で、またフラッシュライトの光を当ててみました。
キルフラッシュなしの状態と異なり、変な光の滲みは発生しません。

正面の特定の角度から光源の光が入りさえしなければ大丈夫なんですが、
万が一の時のために、キルフラッシュはあった方が良いかなと思います。
さっと構えたときに光の滲みのせいで、サイティングが遅れるというのは面白くないかも。

今回、自分が購入したSRSにはキルフラッシュが付いていましたが、
単なるサービスじゃなくて、正規代理店さんも問題を把握してたのかなと邪推したり。

最初から本体とセットで付いている物ならまだしも、
決して安い物ではないので、
問題解決のために追加でお金をだしてオプションを買ってくださいってのは、
できることなら避けたい事じゃないかなと愚考したりします。


うん、満足。
しましたが・・・


ちょっと掃除をしてやらんとなと思ったり。
ウェザリングによる汚しと、放置による汚れは違いますよね・・・

それでは、この度もお付き合い、ありがとうございました。  


Posted by 儲 at 18:56Comments(4)アクセサリー

2013年05月16日

Princeton Tec/CHARGE HELMET LIGHT

お買い物報告ブログと化した儲分室!
あ^~、サバゲメンドクサイんじゃ^~

ネットスラングの使用は、ネット内に留めるのが良いかと思う儲です。こんばんは。
今年はサバゲに行く予定です。きっと。たぶん。


と言うわけで、プリンストンテックの
MPLS(Modular Personal Lighting System)シリーズのひとつ、
チャージヘルメットライトを買ってみました。
カッコイイ。満足。



写真左から、赤LED、青LED、IR LED、白LEDです。
NVゴーグルなんていう高級品は持ち合わせていないので、
スマホのカメラで撮影してます。

スイッチを押すことで赤LEDが点灯し、
すぐにもう一回押すと青LEDに切り替わります。

赤LEDは暗所で地図などを読んだり、
手元で作業するのにちょうど良い明るさと照射範囲です。
青LEDは傷口を見るのに効果があるんでしたっけ?
指でも切ったら試しに照らしてみます。

赤か青LEDが点灯中にスイッチを2秒以上長押しすることで、
白LEDに切り替わります。
上の写真では目の前の壁に当てているので
よく分からないことになっていますが、
いやぁ、良い塩梅です。
視界良好、嫌なスポット光を作りません。

IR LEDは、消灯時に2秒長押しすることで点灯します。
スマホや携帯のカメラでLEDを覗くか、
暗所であれば肉眼でLEDが暗く光っているのが分かるかと思います。
NVゴーグル?持ってないです。ええ。

電池は単三リチウム電池が付属しています。
単三アルカリ電池でも動くのでありがたいです。

とは言え、照射時間はリチウムの方が約2倍長いです。
あと、電池を入れっぱなしにして置くとしたら、
自己放電や万が一の液漏れを考えると、
リチウム電池の方が最終的に安く済みそうですね。
電池を抜いて保管しておけばどうでも良い話ですけども。

さて、このチャージヘルメットはヘルメットレールに直付けができます。
写真のヘルメットは、
OPS-CORE/FAST JUMP HELMETの本物なので当然なんともありませんが、
レプリカの方でも大丈夫らしいです。
らしいと言うのは、レプリカのヘルメットに個体差があるのか知らないのでw

ただし、Crye Precision/AIRFRAME HELMETのレプリカの場合、
聞いた話によると少しガタツキがあるようです。
ブリスターパックでも切って挟めば何とかなるんじゃないかと。
チャージヘルメットライトは、
ヘルメットレールに差し込んだらビスで固定するので、
多少のガタがあっても外れる事はないかと思います。

あと、チャージヘルメットライトにはオプションパーツとして、
ACH/ECHヘルメット用とMolleウェビング用のマウントが付属しています。
レールがないヘルメットのために、別で買う必要はありません。


お一つどうですか?随分と高くつく飾りですがw

それでは、この度もお付き合い、ありがとうございました^^  


Posted by 儲 at 01:36Comments(0)アクセサリー

2012年03月17日

タスコ製“MD-33”



タスコ“MD-33”の中古をホニャララ円で譲って貰いました。
初期型ですがトイガンには十分すぎて、
お釣りがかえってくるレベルです。ええ。

ダットサイトとしては、便所スリッパなどと比べ物になりません。
いや、比べちゃ失礼かw

・YouTube - Troy Industries BattleMag Destructive Test2


凄いね。中身はどうなってるんだろ?
しかし、実際には穴が開いたマガジンを使うことはないだろうなぁと思いました。

それでは、この度もお付き合い、ありがとうございました^^
  


Posted by 儲 at 17:01Comments(2)アクセサリー

2012年02月25日

“BFG Universal Wire Loop”でオサレに?



ウィリーピートさんで買ってきた
“Blue Force Gear Universal Wire Loop 3.25 Inch”と、
パラコを使ってちょっと一味違うスリングスイベルに。

手に当たる所がパラコになっているので、
素のワイヤーよりも良い具合です。



・・・本当はこんな具合でレイルの穴に通して終わりにするつもりでしたが、
やはり3.25インチでは無理がありましたw
まあ、結果オーライって事で。



今更かと思いますが、“BFG UWL”は3.25インチと6.25インチがあります。
コレをストラップのように銃のお好みの場所に巻き付けて、
ナウなヤング達にバカウケなイケてるヒモを取り付ける事ができます。



こんな具合でアイディア無限大です。きっと。
ワイヤーをきつく絞りたい場合は、
タイラップやパラコでワイヤーを縛ってやると効果的なようです。

使用する銃に、
どんなスリングをどのように取り付けるか悩む時があると思いますが、
“BFG UWL”はその悩みを解決してくれるかもしれません。
ぜひお試しあれ。

それでは、この度もお付き合い、ありがとうございました。  


Posted by 儲 at 19:40Comments(0)アクセサリー

2011年10月08日

AN/PVS-14

・・・のレプリカ。DYTAC製です。
コスプレ用の小物ですね。



ご存知の方も多いと思いますが、
こやつはただプラスチックの筒で中身はカラっぽ。
マーキングも何もないです。

初めて手に取った時の感想は、
正直、「う~ん・・・このクオリティでこの価格?」と言うレベルw

ただし、他のレプリカと比較して、
ブッチギリでアホみたいに軽い事が唯一にして最大の利点です。

載せた状態でヘルメットを被っても、
重さの変化をぜーんぜん感じません。
ヘルメットがコイツの重さでズレることもなし。



正直に言って、最初は買うつもりは全くありませんでしたw
でもねー、先日のゲームで、
自分のヘルメットに某氏のブツを載せたらカッコ良かったんですよ。
それで、「重いのは嫌だし、本物なんてありえないからアレしかないwww」と。

少し残念な見た目は離れたら分からないし、
塗装なり汚し加工すれば完璧と言われましたが、
塗装や汚し加工は苦手なんですよね。
それに、コイツだけ汚したらなんか浮きそうですし。

あとは、ブッシュなどに引っ掛けて千切れないように気をつけます。

それでは、この度もお付き合い、ありがとうございました。

私信。
園長さん、いつもいつもありがとうございます。  


Posted by 儲 at 15:17Comments(2)アクセサリー